メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金言

パレスチナの色=小倉孝保

 <kin-gon>

 アラブ社会で下着が不満の表現に使われたことがある。1970年9月、ヨルダン兵が旗の代わりにブラジャーを戦車に掲げた。国内のパレスチナ・ゲリラに決然とした対応を取らないフセイン国王に若手将校らが、「我々は戦えない軍なのか」と訴えたのだ。

 第3次中東戦争(67年)でヨルダン川西岸地域がイスラエルに占領され、パレスチナ・ゲリラは拠点をヨルダンに移した。彼らは政府を無視して税を徴収し、国王暗殺も2度計画している。それでも煮え切らない態度をとる国王に、将校たちが不満を募らせていた。

 ブラジャー掲揚を知った国王は9月17日、ついにゲリラ掃討の軍事攻撃に出る。48年以来、共にイスラエルを相手に戦ってきたアラブ人同士の衝突だった。シリア軍がパレスチナ側を支援してヨルダンに侵攻し、内戦は「シリア対ヨルダン」の国家間戦争になる瀬戸際にあった。

この記事は有料記事です。

残り651文字(全文1028文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 櫻井翔、トレーニングで“継続は力なり”を実感「続けることが大切」

  2. ファクトチェック 菅首相発言「Go Toトラベルでの感染者7人」はミスリード

  3. 山口組分裂5年 特定抗争指定の効果じわり 一部で脱退の動きも

  4. 安倍政権が残したもの 私たちが大事「彼ら」は攻撃 オウム真理教報じた江川紹子さんが読む「カルト化社会」

  5. 金言 首相、そりゃないよ=小倉孝保

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです