メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

囲碁

第7期会津中央病院・女流立葵杯三番勝負 挑戦者・鈴木歩女流棋聖-藤沢里菜女流立葵杯 第1局の3

 左辺コウ争いの代償に左上隅を荒らし、右上黒23のオサエに回れたのが大きかった。白24の備えは仕方ない。左上に戻り、白26からのイジメに黒35まで丁寧に応じて、細かそうな形勢でヨセ勝負へと移った。

 鈴木が優勢意識を持っていたのは間違いない。コウの狙いを防いだ黒57のツギに、王九段は「さすがに緩着です。中央を黒85、白81、黒60と補強すべきでしょう」と指摘した。

 必死のヨセ合いが続く中、先に秒読みに入った鈴木に決定的チャンスが訪れた。黒75が強手だった。白85と受けたいが、黒91、白92、黒93、白87、黒イで白大石はトン死となる。

この記事は有料記事です。

残り209文字(全文478文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 無罪なのに「なぜ免許を返してもらえないの」 取り消し無効確認訴訟で女性が訴え

  2. 過失運転致傷の会社員に無罪判決 「衝突回避は非常に困難」 福岡地裁

  3. ひき逃げか 市道で自営業の男性死亡 福岡・宗像

  4. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

  5. 女子高生2人死傷事故「事故の可能性、予見不可能」 低血圧の被告に無罪判決 前橋地裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです