メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

心の眼

希望につながる技術=点字毎日記者・佐木理人

 全盲の記者として、よく尋ねられる質問がある。「取材のメモや原稿の執筆は、どうしているんですか?」と。

 私の仕事に欠かせないのはIT機器だ。取材先への連絡にはスマートフォンを、原稿を書く時にはノートパソコンを使う。どちらにも画面の状態を音声で教えてくれるアプリが入っている。電話がかかってくれば誰なのか告げてくれる。ネット閲覧では、ホームページの内容を読み上げ、原稿の執筆では、漢字変換の候補文字を説明してくれる。取材のメモでは点字電子手帳を、録音は音声ガイド付きのICレコーダーを使う。通勤途中にひらめいたアイデアは、スマホの音声認識機能でメモに残す。

 新型コロナウイルスの影響で、各種イベントの中止が相次ぎ、人にもなかなか会えない。そんな苦境もオンラインイベントの取材やネットを通したインタビューで乗り切っている。取材は対面が一番だが、オンラインは、時間の調整がしやすく、移動の負担がなく、ありがたい面も多い。

この記事は有料記事です。

残り405文字(全文812文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 行革や効率性で「文句を言う人」飛ばす怖さ 菅政権の新自由主義 重田明大教授

  5. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです