メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

本はともだち

失明画家が切り開いた人生 きむらゆういちさん絵本に作品

トークショーで歓談するきむらゆういちさん(右)とエムナマエさん=きむらさん提供

 <くらしナビ ライフスタイル>

 絵本作家のきむらゆういちさん(72)が4月以降3冊のシリーズ絵本を出版した。絵を手がけたのは全盲の画家、エムナマエさん。昨年3月、出版を待たずに、70歳で亡くなった。きむらさんは「失明した画家が未来を切り開いた人生は勇気を与える。幼い頃に絵本を楽しんだ子どもが成長し、その子が壁にぶつかった時、その生き方を知ってもらえたら」と話す。

この記事は有料記事です。

残り1219文字(全文1402文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  2. 「量が多く面倒」児童の絵日記などを家庭ごみで廃棄 教員を停職処分 新潟

  3. ダム湖の流木、無償提供が人気 「ストーブのまきに」 処分費削減にも貢献 岩手

  4. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

  5. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです