メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

本はともだち

失明画家が切り開いた人生 きむらゆういちさん絵本に作品

トークショーで歓談するきむらゆういちさん(右)とエムナマエさん=きむらさん提供

 <くらしナビ ライフスタイル>

 絵本作家のきむらゆういちさん(72)が4月以降3冊のシリーズ絵本を出版した。絵を手がけたのは全盲の画家、エムナマエさん。昨年3月、出版を待たずに、70歳で亡くなった。きむらさんは「失明した画家が未来を切り開いた人生は勇気を与える。幼い頃に絵本を楽しんだ子どもが成長し、その子が壁にぶつかった時、その生き方を知ってもらえたら」と話す。

この記事は有料記事です。

残り1219文字(全文1402文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈氏 性暴力被害者巡り「女性はいくらでもうそ」 問題発言繰り返す背景とは

  2. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  3. 西武、異例の8人リレーで最少失点 二回にリリーフの中塚「正直びっくり」

  4. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

  5. 医師と歯科医師24人を行政処分 厚労省発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです