メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

BS未来館

日本史教科書はどう変わる

進行役の河合敦氏(左)と住吉美紀

 今年は、学校教育の大きな転換期。約10年ごとに改定される学習指導要領が2017~18年に改定され、小学校は今年度から、中学・高校は来年度以降に順次実施され、教科書も変わる。BSフジで6日放送の「日本史の新常識5」(午後6時)は、日本史教科書の内容を専門家が“予測”。後半では番組独自の「教科書会議」を開いて提言もする。

 進行は歴史研究家の河合敦氏とフリーアナウンサーの住吉美紀。歴史作家やベテラン塾講師ら4人も参加する。新教科書は未発表だが、新指導要領が「近現代史を重視、グローバルに活躍した人物を取り上げる」とすることから、日本経済の父といわれる渋沢栄一、感染症医学の草分けの北里柴三郎、女子教育の先駆者の津田梅子にスポットを当てる。

この記事は有料記事です。

残り186文字(全文505文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  2. 大阪で新たに60人が感染、2人死亡 新型コロナ

  3. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

  4. 自民・高鳥衆院議員が新型コロナに感染 国会議員で初

  5. 追跡 ジャパンライフに全財産投資 「どう生きていけば」 被害拡大防止「早く捜査を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです