メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なかったとは言わせない 大学ラクロス界の「エール」反響

東海大でラクロスを始め、夢中になった鈴木翔大=2018年(「KEEP THE FIRE BURNING 2020」実行委員会提供)

 新型コロナウイルスの感染拡大で大会中止が相次ぐスポーツ界で、「2020をなかった年とは言わせない」をスローガンに互いに励まし合う活動がインターネット上で広がりを見せている。関東の複数の大学のラクロス部有志が6月に始めたプロジェクト「KEEP THE FIRE BURNING(炎を燃やし続けろ) 2020」。競技の枠を超えて反響を呼んでいる。

 発起人は、東海大ラクロス部4年の鈴木翔大(しょうた、21歳)。感染拡大を受けて日本ラクロス協会が主催大会の開催を見送る中、「みんなポジティブになってほしい」との願いから発案した。試合や練習を通して親交があった法政大や明治学院大、千葉大などのラクロス部から有志を募って実行委員会を結成し、文章投稿サイト「note」で、不透明な状況に戸惑う仲間たちに届けるエールの書き込みを始めたという。

この記事は有料記事です。

残り968文字(全文1333文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  2. 「量が多く面倒」児童の絵日記などを家庭ごみで廃棄 教員を停職処分 新潟

  3. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

  4. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

  5. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです