特集

2021自民党総裁選

岸田文雄首相による新内閣が発足しました。内閣について考察した記事や各国の反応をまとめています。

特集一覧

菅氏「既得権益にメス」 総裁選の先に描くものは 一問一答

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
毎日新聞のインタビューに臨む菅義偉官房長官=東京都千代田区の衆院第2議員会館で2020年9月4日、丸山博撮影
毎日新聞のインタビューに臨む菅義偉官房長官=東京都千代田区の衆院第2議員会館で2020年9月4日、丸山博撮影

 自民党総裁選への立候補を表明した菅義偉官房長官が4日、毎日新聞のインタビューに応じた。主な一問一答は以下の通り。

「縦割り行政の打破」とは

 --多くの派閥の支持を集めているが、派閥均衡型の人事をするのか。

 ◆よく言うように適材適所の人事、これは当然だ。

 --派閥の推薦ばかりではないと。

 ◆そこは当然そうだ。

 --出馬表明の記者会見で「縦割り行政の打破」を強調した。具体的な課題はあるか。

 ◆経済再生に必要なのは行政の縦割りを打破して、規制改革を徹底し、既得権益にメスを入れていく。こうしたことをやっていけるのが私だと思う。

 --規制緩和や縦割り行政の打破は手段であ…

この記事は有料記事です。

残り844文字(全文1127文字)

【2021自民党総裁選】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集