メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「古典の日」基金賞創設 伝統芸能など3分野 京都商議所名誉会頭が1億円寄付

賞牌の試作品を手にする古典の日文化基金賞顕彰委員会の村田純一会長(左)。右は賞牌などを考案したデザイナーの久谷政樹さん=京都市上京区で2020年9月3日午後2時2分、南陽子撮影

 日本の古典文化の研究や普及、啓発に貢献した個人や団体を顕彰する「古典の日文化基金賞」が3日、創設された。11月1日を「古典の日」とする法律の施行を働きかけた「古典の日推進委員会」の会長で、京都商工会議所の村田純一名誉会頭(84)が1億円を寄付。2021年から毎年9月3日に「文学・思想」「伝統芸能・音楽」「美術・生活文化」の3分野で受賞者を表彰する。【南陽子】

 新たに設立された「古典の日文化基金賞顕彰委員会」が3日、京都市上京区の冷泉家時雨亭文庫で発表した。顕彰委員会でも会長を務める村田さんは「古典の日(の法律)は12年に施行されたが、なかなか広がっていかない。古典を楽しんだり広げたりしている人たちを応援したいと考えた。その方たちの励みになるような賞にしたい」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り663文字(全文1002文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  2. ORICON NEWS 在日ファンク、浜野謙太の血流障害治療のため年内のライブ活動休止 新曲「報告」に乗せて“報告”

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  4. 「最下位おかしい」魅力度ランキングで栃木県 11月知事選の争点に

  5. 「財研」記者日記 (1)財務省の花形ポスト「主計官」 喜怒哀楽に富む意外な素顔

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです