台風10号、気象庁と国交省が緊急会見 「命を守るため早めの対策を」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
気象庁
気象庁

 気象庁と国土交通省は4日、台風10号について緊急記者会見を開き、「発達が進んでおり、5日午前9時には猛烈な台風となると予想している」と発表した。5日から6日にかけて沖縄地方に接近し、6日から7日にかけて奄美から九州地方に接近、上陸する見通し。沖縄、九州地方で警報級の大雨、高潮の恐れがあるほか、東日…

この記事は有料記事です。

残り141文字(全文291文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集