台風10号 最大瞬間風速は80mになる恐れ 離れた地域でも大雨か

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
台風10号に備え、陸に揚げた船をロープで固定する漁師=鹿児島県奄美市の長浜漁港で2020年9月4日午前11時42分
台風10号に備え、陸に揚げた船をロープで固定する漁師=鹿児島県奄美市の長浜漁港で2020年9月4日午前11時42分

 非常に強い台風10号は4日午後9時現在、沖縄・南大東島の南南東約420キロを時速約15キロで西北西に進んでいる。今後、特別警報級の猛烈な勢力に発達し、6日午前中に沖縄に、6~7日に鹿児島・奄美、九州に接近、上陸する恐れがある。気象庁は沖縄・奄美の最大瞬間風速を85メートル、九州南部の7日午後6時までの24時間雨量を最大800ミリと予想。台風から離れた地域でも太平洋側を中心に警報級の大雨の恐れがあり、警戒を呼びかけている。

 気象庁によると、4日午後9時現在の中心気圧は920ヘクトパスカルで中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートル、中心から半径220キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっている。特別警報は、中心気圧930ヘクトパスカル以下か中心付近の最大風速50メートル以上(沖縄・奄美、小笠原諸島は910ヘクトパスカル以下または60メートル以上)で接近または上陸(通過)が予想される場合に出さ…

この記事は有料記事です。

残り795文字(全文1208文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集