夏競馬を盛り上げる「白馬の一族」 ソダシ、初の芝重賞制覇なるか

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
7月12日にデビュー戦を勝利で飾ったソダシ。珍しい白毛の馬として注目されている=函館競馬場で2020年7月12日午後0時18分、JRA提供
7月12日にデビュー戦を勝利で飾ったソダシ。珍しい白毛の馬として注目されている=函館競馬場で2020年7月12日午後0時18分、JRA提供

 茶色、黒色、灰色……。中央競馬に出走する競走馬の毛色はさまざまだが、最も珍しい白毛の馬が注目されている。5日に札幌競馬場で行われる重賞レースの札幌2歳ステークス(GⅢ、芝1800メートル)に白毛のソダシ(2歳牝馬)が出走。白毛馬として中央競馬史上初の芝の重賞制覇に挑む。「白毛馬は走らない」という評価を覆してきた「白馬の一族」の血を引くソダシは、競馬史に新たな一歩を刻めるか。【真下信幸】

 ソダシは馬体、たてがみ、しっぽまで全て白いのが特徴。7月12日に函館競馬場で行われた新馬戦(芝1800メートル)では好位置でレースを進めて4コーナーで先頭に立ち、2着に2馬身半差をつけて勝利。デビュー2戦目となる札幌2歳Sでも人気を集めそうだ。

 日本中央競馬会(JRA)によると、中央競馬に登録されている8115頭(9月3日現在)の毛色は細かく8種類に分かれている。このうち白毛は8頭と最も少なく、割合は0・1%にも満たない。

 そんな希少な白毛馬が誕生した背景について、競走馬理化学研究所(宇都宮市)で遺伝子を研究する戸崎晃明さんは「突然変異と遺伝によるものと2種類ある」と説明する。ソダシの祖母シラユキヒメは突然変異だったが、母ブチコも白毛でソダシは遺伝による白毛とされる。

 戸崎さんによると、白毛が誕生する要因は「KIT遺伝子」にあるという。毛色関連細…

この記事は有料記事です。

残り945文字(全文1519文字)

あわせて読みたい

この記事の筆者
すべて見る

注目の特集