メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「めいっぱいのおしゃれを」 女子砲丸投げ・吉野選手 実業団陸上で連覇に挑む

関節の可動域を広げるトレーニングに取り組む吉野千明選手=東京都世田谷区の日本女子体育大で2020年8月24日、大矢伸一撮影

 きつく編み込んだ髪とネイルアートがトレードマークだ。陸上女子砲丸投げの吉野(旧姓・横溝)千明選手(34)=日本女子体育大職員=は競技場でひときわ目を引く。重さ4キロの鉄球を20年近く投げてきたベテランが、埼玉県熊谷市で9月18~20日に開かれる全日本実業団対抗選手権(日本実業団陸上競技連合主催、毎日新聞社共催)で連覇に挑む。

 身長168センチ、体重86キロの吉野選手は「体が大きく、合う服が少ないからといって諦めたくない。めいっぱいおしゃれしたい」と大学生の頃から競技中の外見を意識するようになったという。「今では競技生活の大きなモチベーション」と語るほどだ。

 高校時代に痛めた右太ももと持病のぎっくり腰のケアは欠かせない。それでも現…

この記事は有料記事です。

残り759文字(全文1078文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. NY株反落525ドル安 米与野党協議難航に嫌気、1カ月半ぶり安値水準

  2. 安倍政権が残したもの 私たちが大事「彼ら」は攻撃 オウム真理教報じた江川紹子さんが読む「カルト化社会」

  3. 「ヒステリックブルー」元ギタリスト、強制わいせつ致傷容疑で逮捕 埼玉県警

  4. ミュージカル「刀剣乱舞」東京公演、関係者のコロナ感染で中止

  5. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです