メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松沢一憲のVライン

重賞初V、ジナンボー (日曜競馬)

 馬連配当は

 1000円台…2回

 2000円台…2回

 4000円台…1回

 6000円台…1回

 万馬券…………4回

 2010年から4年連続で万馬券決着となったが、その後6回の最高配当は15年の6810円。近年は波乱度は低い。

 ジナンボーは前走の七夕賞で1番人気を裏切って9着。馬場状態が悪く、出遅れも重なり力を出し切れなかった。父ディープインパクト、母アパパネと血筋は超一流。昨年2着のリベンジを果たして重賞初Vを決める。馬単は(5)⇅(7)、(5)⇅(8)、(5)⇅(11)、(5)⇅(13)、(5)⇅(14)。3連単は(5)⇅(7)から(8)(11)(13)(14)と、(5)⇅(8)から(7)(11)(13)(14)への3着流し。

 前走のエクレアスピードは出負けしたが二の脚を使って一気に中団へ。馬群の中での苦しいレースだったが、直線ぐいぐいと伸びて3着を確保した。7カ月ぶりを一度使われて前進は必至。全2勝の6ハロン戦で巻き返す。

 ここ2戦の直線競馬でハニーリンは連続3着。2走前は不利といわれる内の4番枠から1/4馬身差、前走は11番枠から1馬身1/4差と高い舞台適性を見せた。中2週、中1週とローテーションは詰まるが、この舞台は得意。今度こそ差し切る。

 馬連配当は

この記事は有料記事です。

残り992文字(全文1529文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  2. 新閣僚「人となり報道」は本当に必要か? 香港からの問いかけ

  3. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

  4. 自民・高鳥衆院議員が新型コロナに感染 国会議員で初

  5. 東京で新たに220人の感染確認 200人超えは6日ぶり 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです