連載

岐路の風景

歴史の転換期となった文化的事象を取り上げ、現代の視点から改めてその意義を探ります。

連載一覧

岐路の風景

京町家の保存活動 時代にそぐう形で 建築家・京都工芸繊維大特任教授 魚谷繁礼さん

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
建築家の魚谷繁礼さん=2020年8月25日午後6時4分、三輪晴美撮影
建築家の魚谷繁礼さん=2020年8月25日午後6時4分、三輪晴美撮影

魚谷繁礼(うおや・しげのり)さん

 町家の改修は、建物だけでなく地域にいかに良い影響を与えるかが問われます。例えば路地奥の町家は、建築基準法で再建は不可でも改修はできる。京都の市街地に点在するこの部分を残すことでマンション建設の抑制にもなり、緑を保つこともできます。

 伝統工法による木造は、腐朽しかかった部…

この記事は有料記事です。

残り186文字(全文338文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集