メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

縄文遺跡群「登録」へ一歩 三内丸山、イコモスが現地調査 /青森

三内丸山遺跡でイコモスの調査員が現地調査を行った=青森市の三内丸山遺跡で2020年9月4日、井川加菜美撮影

 2021年の世界文化遺産登録を目指している「北海道・北東北の縄文遺跡群」(北海道、青森、岩手、秋田)について、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の諮問機関、国際記念物遺跡会議(イコモス)による現地調査が4日、始まった。同日午後には、オーストラリアの専門家が青森市の三内丸山遺跡を訪れ、県の担当者らから説明を受けた。【井川加菜美】

 縄文遺跡群は、縄文時代の人々の生活や祭祀(さいし)、精神文化の実態を示すとされ、4道県の17遺跡で構成される。政府は19年12月、世界文化遺産候補としてユネスコに推薦することを閣議了解。県内では現地調査に向け、国内外の専門家を招いたリハーサルを重ねてきた。同日午後に調査員が訪れた三内丸山遺跡は、縄文時代前期から中期の遺跡で国の特別史跡。イコモスの調査員は県の担当者らからの説明を聞きながら、復元さ…

この記事は有料記事です。

残り174文字(全文538文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 無罪なのに「なぜ免許を返してもらえないの」 取り消し無効確認訴訟で女性が訴え

  2. 過失運転致傷の会社員に無罪判決 「衝突回避は非常に困難」 福岡地裁

  3. ひき逃げか 市道で自営業の男性死亡 福岡・宗像

  4. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

  5. 女子高生2人死傷事故「事故の可能性、予見不可能」 低血圧の被告に無罪判決 前橋地裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです