メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サクランボ3種のワイン 東根のワイナリー新商品 「醸し発酵」で成分保つ /山形

3種類のサクランボを使ったワインをもつ阿部利德代表=山形県東根市で2020年8月24日午後4時25分、日高七海撮影

 東根市大江新田のワイナリー「東根フルーツワイン」は、3種類の県産のサクランボを使ったワインの新商品を販売している。同社の阿部利徳代表(72)は「フレッシュかつフルーティーで、おいしいだけでなく健康にも良い。料理と一緒に楽しんだり、家族や友人とのだんらんで飲んだりしてもらえたら」と話す。【日高七海】

 阿部代表は2013年3月まで、植物遺伝・育種学を専門に山形大農学部の教授を務めた。酒米の研究などをする中で「酒造りを極めたい」と思うように。地元・東根の果物を生かしたフルーツワイン造りに関心を持ち、退職後は、東京などで約2年マーケティングなどを勉強。15年7~10月に…

この記事は有料記事です。

残り428文字(全文713文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『きかんしゃトーマス』日本から来た新キャラ“ケンジ”登場 劇場版新作、21年春公開

  2. 囲碁は「国技」、日本棋院が定款変更 「伝統文化」内外に発信狙う

  3. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  4. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  5. 菅首相は「反知性主義」なのか 任命拒否問題で神学者・森本あんりさんが抱く違和感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです