へき地病院 4市町、運営に難色 「県できぬのになぜ」 /新潟

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 経営難にある津川(阿賀町)▽松代(十日町市)▽柿崎(上越市)▽妙高(妙高市)――の四つの県立「へき地病院」について、県が地元自治体主体の運営へ移管を提案したところ、いずれの市町からも否定的な意見が出た。3日の県立病院経営委員会で県病院局が明らかにした。

 県は4年連続で赤字となっている県立病院の経営改善を進めている。そのうち、中山間地にありへき地医療を担うこの4病院に関しては、県が2月、機能・規模の縮小と大規模病院との役割分担を図るため、市町主体の運営を各自治体に提案する方針を…

この記事は有料記事です。

残り362文字(全文603文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集