メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

にいがた和牛「うまい!」 県産ブランド、学校給食で提供 コロナ禍、魅力発信し消費拡大狙う /新潟

にいがた和牛のチンジャオロース丼を夢中でかき込む児童たち=新潟市東区の木戸小学校で、北村秀徳撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大で、県産ブランド牛の需要が減少していることを受け、県は子どもたちの世代においしさや魅力を知ってもらおうと、ブランド牛「にいがた和牛」を学校給食で提供する事業を始めた。家庭でも購入してもらい、消費拡大をねらう。【北村秀徳】

 新型コロナ禍で外食やインバウンド需要が著しく低下。県産の黒毛和牛の中でも高い等級の肉だけに与えられるブランド「にいがた和牛」も、2月ごろから価格相場は平年の2、3割安と大きな打撃を受けた。和牛の生産者や卸売業者も状況は深刻だ。

 県産ブランド牛の消費拡大を図るため、県は和牛を学校給食に提供することを決めた。県内の食肉販売業者らで作る「県食肉生活衛生同業組合」が生産者から買い取って各小中学校の給食用に無償で配り、県が購入費の全額を補塡(ほてん)する。総事業費は約5億7000万円で、すべて国の農林水産物対策事業費を充てる。申し込みのあった県内22市町村、366校の小中学校が対象。「にいがた和牛」計約8トン(25頭分相当)が学…

この記事は有料記事です。

残り415文字(全文854文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS [東京ドラマアウォード]グランプリに『いだてん~東京オリムピック噺~』 主演賞には生田斗真&黒木華

  2. 体操・内村が新型コロナ感染

  3. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  4. ORICON NEWS フジ『アウト×デラックス』今夜放送分は「これから収録」 伊藤健太郎容疑者の出演回差替えで緊急対応

  5. 伊藤健太郎容疑者、目撃者に説得され事故現場に戻る 所属事務所は「おわび」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです