メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

酒米守る「裏事情」 在庫の日本酒、格安で販売 SNSでプレゼント企画も 飛驒・渡辺酒造 /岐阜

酒米農家を守るメッセージを添えた日本酒「裏事情」=渡辺酒造店提供

 地元産の酒米を守るため、渡辺酒造店(飛驒市)は8月下旬から、コロナ禍でたまってしまった在庫に「裏事情」のラベルを付けて、格安で販売したり、高価な日本酒をプレゼントしたりする取り組みを始めた。日本酒需要が急減するなかでも、県産の酒米「ひだほまれ」の来季の作付け規模を、今季と同等規模で契約するためだ。思い切った在庫一掃で日本酒の生産量を維持し、酒米農家の耕作放棄や廃業を防ぎたい考えだ。【駒木智一】

 ひだほまれは1972年に県高冷地農業試験場(現・中山間農業研究所)が開発した酒米で、主に飛驒と恵那地域の中山間地域で栽培されている。大粒でたんぱく質が少ないため高級酒造りに適しており、県内の酒蔵で広く使われてきた。県内の生産の6割超を渡辺酒造店が使っており、同社は「地元の酒米農家に支えられてきた」との思いが強い。

この記事は有料記事です。

残り608文字(全文965文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 無罪なのに「なぜ免許を返してもらえないの」 取り消し無効確認訴訟で女性が訴え

  2. 過失運転致傷の会社員に無罪判決 「衝突回避は非常に困難」 福岡地裁

  3. ひき逃げか 市道で自営業の男性死亡 福岡・宗像

  4. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

  5. 女子高生2人死傷事故「事故の可能性、予見不可能」 低血圧の被告に無罪判決 前橋地裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです