特集

大学関連ニュース

全国の大学に関するニュースを集めました。

特集一覧

コロナ禍での思いつづる 阪大1年生、生活記録を文集に /兵庫

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
緊急事態宣言中の生活を文章で綴った大阪大1年生たち=大阪府豊中市で2020年7月30日午後0時15分、井上元宏撮影
緊急事態宣言中の生活を文章で綴った大阪大1年生たち=大阪府豊中市で2020年7月30日午後0時15分、井上元宏撮影

 新型コロナウイルス感染拡大で入学直後からキャンパスに通えなくなった大阪大1年生17人が、4~5月の緊急事態宣言中の日常を文集(非売品)にまとめた。自宅で自粛生活を送り、友人との会話も授業もオンラインに置き換わる生活に適応しながら、人と会い、大学で学ぶ意味を考える姿がつづられている。【井上元宏】

 文集のタイトルは「阪大生の新型コロナウイルス生活記録~パンデミックを歩く」。大阪大大学院人間科学研究科の宮前良平助教(28)が、「エスノグラフィ(民族誌)を書く」の授業で学部1年生に執筆してもらった。大学周辺地域で住民の話を聞くフィールドワークがコロナ禍でできないための、苦肉の策だった。

 文集で、1人暮らしを始めた男子学生はオンラインでの授業開始までの2週間を「檻に閉じ込められたかのような地獄」と表現。SNSやウェブ会議システム「Zoom(ズーム)」で友人を広げたが、「人間を構成する要素の5割くらいしか把握できないという感覚がある」と吐露した。

この記事は有料記事です。

残り895文字(全文1319文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集