メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

吉川染工房作のフラフなど展示 いの町紙の博物館 /高知

伝統的な手法で染め上げるフラフなどが並ぶ=いの町幸町のいの町紙の博物館で2020年8月30日午前10時40分、北村栞撮影

 高知の伝統的なフラフや土佐凧を展示する企画展「吉川染工房の仕事と絵金展」が、いの町紙の博物館(同町幸町)で開かれている。6日まで。

 香南市の染物店「吉川染工房」の染め物など約100点が並ぶ。吉川家は元々材木屋で3代目から染物店を営むようになった。5代目の吉川毅さんは高知の伝統的な技術を受け継ぎ、2…

この記事は有料記事です。

残り170文字(全文320文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  2. 特権を問う 寺島実郎氏「根底に保護領意識ある米国」 中国との対立は危険 地位協定改定し、日本は主権取り戻せ

  3. 巻き添えの19歳女子学生が死亡 大阪・梅田HEP FIVE転落

  4. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  5. なぜ? 日焼け止め、防寒着、水筒に氷入れ→校則やルールで禁止 熊本市立の小中高アンケ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです