メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中津の道標下半分 福岡県東峰村で見つかる /大分

中津市に残る道標の上半分と時松さん。この面の文字「玖」が決め手となった

 江戸時代に旅人の道案内の役割を果たした中津市相原の「湯屋の辻の道標(みちしるべ)」の下半分が、約35キロ離れた福岡県東峰村小石原で見つかった。1810年に測量のため中津を訪れた伊能忠敬の日記にも登場する道標で、上半分は1984年に発見されていた。失われた石造物が元の場所に戻るのは非常に珍しく、関係者は「残そうとした人たちの思いが実った」と喜んでいる。

 市歴史博物館によると、道標は江戸時代に宇佐八幡宮につながる勅使道でもあった道路の交差点に設置されていた。上半分(高さ66センチ、幅18・5センチ)は84年、近くの用水路の工事中に見つかり、地元のハートフル動物病院の時松聖潤院長(55)が敷地の一部を提供し、2011年にコンクリート柱に載せた状態で設置された。

この記事は有料記事です。

残り420文字(全文752文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 劇場版『鬼滅の刃』入場者に塗り絵配布、先行DL開始 作者「まだまだおうちで過ごす時間も多いので」

  2. 菅首相、日中韓会談に難色 元徴用工問題で措置講じない限り出席せず 韓国に伝える

  3. 杉田和博官房副長官が拒否の判断に関与 政府関係者明らかに 首相に経緯報告

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 法政大出身の菅氏へ「民主主義国家が誇り持てる首相に」 田中優子・法政大総長

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 菅首相二つの狙い 「徹底破壊して」作る暗い世界 経済学者・安冨教授が読む

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです