メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・話題の本

『マルジナリアでつかまえて 書かずば読めぬの巻』=仲俣暁生

 古本屋で買った本に線引きや書き込みがみつかって、がっかりしたことはないだろうか。私はある。本はきれいな状態で読みたいし、自分でも書き込みはしなかった。

 そんな偏狭な書物観・読書観が、山本貴光さんの『マルジナリアでつかまえて 書かずば読めぬの巻』(本の雑誌社・2200円)を読んで一変した。どのくらい変わったかというと、私もまた本に「書き込みをする者」となったのだ。

 本書は古今東西のマルジナリア、つまり本の余白(マージン)への書き込みを研究した本である。日本の例では夏目漱石や和辻哲郎や石井桃子が、海外の例ではフェルマーやモンテーニュやナボコフといった人たちが行った、余白への個性ある書き込みが紹介される。

この記事は有料記事です。

残り488文字(全文792文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国で2529人感染確認 東京・愛知で最多 死者新たに31人、計2109人

  2. 転向の高橋「上出来」 充実の初ダンスでRD2位 フィギュアNHK杯

  3. 吉本新喜劇の元座長、船場太郎さん死去 81歳 大阪市議会議長も務め

  4. 桜を見る会前夜祭 2019年分も収支報告なし 安倍氏の政治団体

  5. 視聴室 まさかまさかの2020 大家族石田さんチ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです