特集

今週の本棚

「面白い!読ませる!」と好評の読書欄。魅力ある評者が次々と登場し、独自に選んだ本をたっぷりの分量で紹介。

特集一覧

今週の本棚・話題の本

『マルジナリアでつかまえて 書かずば読めぬの巻』=仲俣暁生

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 古本屋で買った本に線引きや書き込みがみつかって、がっかりしたことはないだろうか。私はある。本はきれいな状態で読みたいし、自分でも書き込みはしなかった。

 そんな偏狭な書物観・読書観が、山本貴光さんの『マルジナリアでつかまえて 書かずば読めぬの巻』(本の雑誌社・2200円)を読んで一変した。どのくらい変わったかというと、私もまた本に「書き込みをする者」となったのだ。

 本書は古今東西のマルジナリア、つまり本の余白(マージン)への書き込みを研究した本である。日本の例では夏目漱石や和辻哲郎や石井桃子が、海外の例ではフェルマーやモンテーニュやナボコフといった人たちが行った、余白への個性ある書き込みが紹介される。

この記事は有料記事です。

残り488文字(全文792文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集