メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

『Station』=鷲尾和彦・著

『Station』

 (夕(せき)書房・3960円)

 二〇一五年九月九日、ヨーロッパでの撮影を終えた写真家は空港へ向かうべくウィーンの西駅へ行った。

 そこには人が溢(あふ)れていた。東の方から来た難民たちが通路やホームを満たしていた。ヨーロッパの命名法では西駅とは西に向かう列車が出る駅である。東から来て西へ向かう人々。写真家は飛行機ぎりぎりの時間まで留(とど)まって彼らの姿を撮った。

 人の顔、仕草、視線の向き、手の位置、着ているもの、持っているものなど、かくも雄弁であるかと思う。

この記事は有料記事です。

残り252文字(全文484文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

  2. 平井デジタル担当相、個人情報保護ルール見直しに意欲

  3. 松尾貴史のちょっと違和感 「菅内閣」発足 権限かさに脅す手法、早くも

  4. 新型コロナ 塩釜のすし店4人感染 従業員と客 利用者は連絡を /宮城

  5. イナズマロックフェス「来年は烏丸半島で」 トリは西川貴教さん 滋賀県庁で熱唱

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです