メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

忘れない

「未解決」を歩く 上智大生殺害事件 遺品24年ぶり手元に 父「見る度に悔しさ」

警視庁が保管していた事件現場の遺留品=東京都千代田区で2020年9月1日、内藤絵美撮影

 1996年9月に上智大4年の小林順子さん(当時21歳)が東京都葛飾区の自宅で殺害、放火された事件で、警視庁が保管していた遺品の一部が7月、24年ぶりに遺族に返却された。小林さんが大学時代に書いた論文は原稿用紙の端が焼け焦げ、事件の凄惨(せいさん)さを物語っている。

 小林さんは大学で外国語学部英語学科に在籍し、ジャーナリストを志していた。論文は、当時問題になっていた日本の貿易黒字に対する米国からの批判について考察した8枚の手書き。「妥協せず互いが努力をして歩み寄ることで、問題解決が促進されるのではないか」と双方の文化を理解する大切さを説いていた。

 小林さんは毎年の夏休み、得意だった英語を小中学生に教えるボランティアに参加していた。遺品には、英語であいさつをする時のフレーズなどを覚えるために自分たちで作った教材のほか、活動を終えた際に友人から送られた寄せ書きも含まれていた。「皆を引っ張る力がある」「明るくすてきな笑顔に救われる」とのメッセージが、部分的にすすけた厚紙にびっしりと書かれていた。消火作業の水で水性ペンのインクがにじんだのか、読め…

この記事は有料記事です。

残り597文字(全文1073文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  2. ORICON NEWS 元SMAP森且行選手、落車し緊急搬送 骨盤骨折で入院、全治不明

  3. 北朝鮮外交官が韓国に亡命か 「子どもに良い未来与えたい」

  4. 野田聖子氏、岐阜県連会長辞任を表明 保守分裂の知事選、「父と娘」の代理戦争

  5. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです