「全員が抗体獲得」 露のワクチン論文を英医学誌が掲載 「高い安全性と効果証明」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 英医学誌ランセットは4日、ロシアが開発した新型コロナウイルス感染症のワクチンについて、研究に携わった専門家による臨床試験(治験)に関する論文を掲載した。論文では全員が抗体を獲得したことなどを指摘した。

 同誌は世界的な権威があり、ワクチンを開発した研究所などは同日、声明で「論文掲載は高い安全性と効果を証明している」と主張した。

 論文ではワクチン開発の臨床試験における最終の3段階目を省いた2段階について説明。今年6~8月に76人を対象にワクチンを投与した結果、全員が抗体を獲得し、深刻な副作用はなかったと報告した。

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文572文字)

あわせて読みたい

注目の特集