コソボがセルビアとの経済正常化に合意 イスラエルと国交樹立へ 米仲介

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
米ホワイトハウス=ワシントンで2019年7月15日、高本耕太撮影
米ホワイトハウス=ワシントンで2019年7月15日、高本耕太撮影

 米ホワイトハウスは4日、旧ユーゴスラビアのセルビアとコソボが経済関係を正常化することなどで合意したと発表した。米国による仲介で、長年対立が続く両国が、全面的な関係正常化に向けて一歩前進した。合意には、コソボとイスラエルの外交関係樹立も盛り込まれ、トランプ米政権は、外交成果としてアピールしている。

 コソボは紛争を経て2008年、セルビアから一方的に独立した。セルビアはコソボを国家承認していない。関係正常化は、両国が欧州連合(EU)に加盟するための条件となっている。両国は今後、政治的な交渉を1年間棚上げし、鉄道やエネルギーなどのイ…

この記事は有料記事です。

残り402文字(全文669文字)

あわせて読みたい

注目の特集