メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自動運転バスは「顔パス」で 料金は自動引き落とし 前橋で12月にも実証実験

「顔パス」で自動運転バスを利用するイメージ図。AIを使った顔認証システムで乗降車する。料金はあらかじめ登録してある決済方法で支払う=前橋市提供

 財布を持たず自動運転バスに「顔パス」で乗車――。そんな公共交通の実現に向けて、前橋市は4日、鉄道やバス、タクシーといった交通インフラ業界とNTTドコモ、群馬大など9団体と「新モビリティサービス推進協議会」を設立した。マイカーなしでも移動しやすい街を目指して研究を進める。12月ごろには実証実験を始める予定だ。【鈴木敦子】

 市によると、協議会は、ICT(情報通信技術)を活用してマイカー以外の交通手段による移動をスムーズにつなげる「前橋版MaaS」の環境構築に取り組む。MaaSとは、モビリティー・アズ・ア・サービス(移動のサービス化)の頭文字。

この記事は有料記事です。

残り419文字(全文692文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  2. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  3. 特集ワイド 令和おじさん、パンケーキおじさん 「庶民派」菅首相の正体 中島岳志・東工大教授に聞く

  4. 学生陸上で性的書き込み ライブ配信のメッセージに 競技連合「侮辱行為だ」

  5. データで見る将棋 王将戦リーグ 藤井王位が単独首位で挑戦する可能性は1万6000分の1?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです