台風10号 鹿児島県に特別警報発令の可能性 6日午前にも 「暴風の前に避難を」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
気象庁
気象庁

 気象庁は5日、台風10号が接近している鹿児島県で6日朝に特別警報を発令する可能性が高いことを明らかにした。台風による特別警報が沖縄県以外で出されれば初めてとなる。気象庁は「浸水想定区域や土砂災害警戒区域などでは、暴風が吹き始める前の6日の午前中に避難することが重要」としている。

 台風による特別警報は、台風の中心気圧が930ヘクトパスカル以下か中心付近の最大風速が50メートル以上(沖縄県などでは910ヘクトパ…

この記事は有料記事です。

残り311文字(全文517文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集