メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風10号で予想「最大瞬間風速70メートル」 どんな被害に?

2019年台風15号の影響で倒壊した送電線の鉄塔=千葉県君津市で2019年9月9日午後0時38分、本社ヘリから玉城達郎撮影

 台風10号は北上を続け、5日に中心気圧が920ヘクトパスカルに達し、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートルとなった。気象庁は「記録的な暴風、高波になる恐れがある」と訴える。台風による強風はこれまでも各地で深刻な被害を及ぼしてきたが、「最大瞬間風速70メートル」はどんな被害をもたらす可能性があるのか。

 台風では、気圧の低い中心部に向かって反時計回りに風が吹き込み、中心気圧が低いほど強い風をもたらす傾向がある。風速は1秒あたりに進む距離で表されるため、最大瞬間風速70メートルは時速252キロに相当。また、強い風は高潮や高波被害にもつながる。

この記事は有料記事です。

残り675文字(全文958文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  2. 「最下位おかしい」魅力度ランキングで栃木県 11月知事選の争点に

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  4. 「財研」記者日記 (1)財務省の花形ポスト「主計官」 喜怒哀楽に富む意外な素顔

  5. バイデン氏にリード許すトランプ氏に勝ち目がある理由とは 負けても粘る「蜃気楼」宣言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです