メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

石川遼、72位から急浮上の6位 永松ら3人首位並ぶ フジサンケイ第2R

【ゴルフ フジサンケイ・クラシック2日目】4番、6位タイに急浮上した石川遼=山梨県富士桜CC(代表撮影)

 男子ゴルフのフジサンケイ・クラシックは4日、山梨・富士桜CCで前日の日没サスペンデッドによる第1ラウンドの残りと第2ラウンドがあり、ツアー未勝利の37歳・永松宏之とツアー8勝の42歳・小田孔明、ツアー2勝の38歳・市原弘大の3人が通算6アンダーで首位に並んだ。2打差で木下稜介と星野陸也が続く。スコアを六つ伸ばし、この日ベストスコアの65で回った石川遼が、3アンダーで第1ラウンドの72位から6位に急浮上。2018、19年賞金王の今平周吾も前日の2オーバーから1アンダーの14位とした。通算3オーバーまでの67人が決勝ラウンドに進んだ。

この記事は有料記事です。

残り530文字(全文799文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  3. チーター赤ちゃん誕生 4匹元気に成長中 多摩動物公園 /東京

  4. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです