メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

たくましき「ハマの豆苗」 DeNAの2年目・大貫、無四死球でプロ初完投

広島を1点に抑え、プロ初完投で6連勝としたDeNA・大貫=マツダスタジアムで2020年9月5日

○DeNA10―1広島●(5日・マツダ)

 DeNAが広島に快勝し、引き分けを挟んで連敗を4で止めた。

 最後の打者を打ち取ると、DeNAの2年目右腕・大貫はグラブをポンポンとたたき、控えめにガッツポーズ。最少失点でのプロ初完投。しかも無四死球の安定感だ。「1人で初めて投げきった記念になると思う」。ウイニングボールを手にし、笑顔がはじけた。

 完投は意識していなかった。「長いイニングを投げようと試合に臨むと、いい結果がついてこなかった」からだ。打者1人、そして1回を全力で抑えることに集中した。

この記事は有料記事です。

残り424文字(全文670文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ対応説明は? 菅首相、感染拡大でも記者会見開かず 野党「国民の不安高まる」

  2. 日本新薬、船曳のサヨナラ打で準決勝へ ホンダ熊本は敗退 都市対抗

  3. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

  4. 日本の「感染者バッシング」「マスク警察」は、なぜ? コロナ禍があぶりだした「世間」の闇

  5. totoにBリーグ追加 改正法案2日にも成立 単一試合や順位投票も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです