メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

芸術家の卵に創作の場を 老舗旅館改修し高崎市が施設 榛名湖畔に開所 /群馬

榛名湖のほとりに誕生した榛名湖アーティスト・レジデンス=高崎市で2020年9月5日午後0時4分、佐藤伸撮影

 芸術家の卵に創作の場を提供しようと高崎市が榛名湖のほとりで進めていた「榛名湖アーティスト・レジデンス」が5日、開所した。画家で詩人の竹久夢二ら多くの文化人が愛した同湖畔に文化芸術の創作拠点が誕生した。

 昨年9月に所有者から市に寄付された3階建ての老舗旅館「湖畔亭」を約9500万円かけて改修。当初は6月に開所の予定だったが、新型コロナウイルスの影響で延期になっていた。

 アトリエや工房、8畳間9室の宿泊スペースのほかキッチンや浴室などの共同設備がある。創作研究活動を行うならどの芸術分野でも利用が可能。利用料金は1日1000円、1泊2000円、1カ月2万円と低価格に設定した。

この記事は有料記事です。

残り176文字(全文465文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 行革や効率性で「文句を言う人」飛ばす怖さ 菅政権の新自由主義 重田明大教授

  5. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです