メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと@東海

愛知県土地家屋調査士会会長 伊藤直樹さん(63) 正確な「境界」教える使命 /愛知

伊藤直樹さん

 土地の境界を調べる専門職「土地家屋調査士」に就いて38年目。愛知県土地家屋調査士会の伊藤直樹会長(63)は長年仕事をする中で、日本人は先祖代々の土地を大切にしていると感じる。それ故に境界を巡って争いに発展するケースもある。「境界を教えることは自分の大事な使命」と熱く語る。【井口慎太郎】

 土地家屋調査士は、今年で誕生から70周年を迎える法務省管轄の国家資格。土地や建物を測量し、所有者の立ち会いのもとで「筆界」と呼ばれる境界を画定させる。路上で見かける頭に赤い印がついたコンクリートのくいは筆界の証しだ。法務局への登記申請には、この筆界が欠かせない。

 県土地家屋調査士会は1090人の会員を擁し、東京に次いで全国で2番目に多い。愛知県は公図が正確で、持ち家率が高いのが理由だ。1980年代後半には土地の成り立ちや所有者の変遷を調査する県土地家屋調査士会の要領が全国組織にも採用された。

この記事は有料記事です。

残り958文字(全文1351文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「線引き乱暴」 時短営業しても「協力金」対象外の遊興施設などに不満募る

  2. 50代中年ウーバー配達員の奮闘、苦悩 「感謝と複雑な思いと…」

  3. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  4. ファクトチェック 「野党議員は自宅待機 自民党議員は無症状即入院」ツイートは不正確

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです