メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山陰・この人

デザイナー 鈴木勇輝さん パリの技術で犬の洋服 /島根

鈴木勇輝さん=島根県出雲市天神町で2020年8月21日午後2時13分、前田葵撮影

 ファッションの最先端・パリで学び、パリコレクションも経験したデザイナー。出雲市の自宅兼アトリエで2018年4月、ドッグウエア専門のブランド「chambre la 302.」(シャンブル ラ トロア ソン ドゥー)を立ち上げた。テーマは「ココ・シャネルが犬の洋服を作ったらどうなるか」。人が着てもおしゃれなデザインを、丁寧な手作業で生み出している。

 現在発表しているのは、白と黒を基調とし、パールやレースを用いたシックなデザイン。ドッグウエア市場で主流の、フリルなどをあしらった可愛らしさとは異なる路線を提示する。シャネルでも使われるフランスの生地を仕入れ、採寸から縫製まで細部にこだわる。オーダーメードゆえ、犬の体格や癖に応じて微妙な変更にも応じる。

この記事は有料記事です。

残り531文字(全文857文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  2. 米総領事館、香港の活動家4人の政治亡命を拒絶 米中対立を避ける思惑か

  3. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  4. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  5. 持続化給付金詐取容疑、全国で55人逮捕 SNSで若者勧誘も 返還相談2000件超

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです