メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

「近代ギター音楽の父」と呼ばれる…

[PR]

 「近代ギター音楽の父」と呼ばれるスペインの作曲家フランシスコ・タレガ(1852~1909年)に「ラグリマ」という小品がある。スペイン語で「涙」の意だ。4歳の愛娘を病で失った心情をうたったという説もある▲広島市のささぐちともこさん(59)の児童小説「ラグリマが聞こえる」(汐文社)は実在の被爆ギターを題材にした物語だ。ふとしたきっかけでラグリマの曲を耳にした小学5年生の少女が、老人の弾く古びたクラシックギターのなぞを追う▲モデルとなったのは、広島県海田町の井上進さん(65)が亡父、哲夫さんから受け継いだギターだ。爆心地から約3キロの地点にあった哲夫さんの生家の屋根は爆風で吹き飛んだ。ギターは熱で塗装が溶け、板が反った▲原爆投下前日まで哲夫さんはギターをつまびいていたという。ささぐちさんの母親は、3日後に焼け野原を走った路面電車で車掌を務めた。小説では老人が当時を回想し、被爆後の惨状が記録に即して語られる。ラグリマはヒロシマの涙でもある▲戦後、井上さん宅の押し入れに眠っていたギターは十数年前、地元楽器店などのはからいで修理され、素朴な音色を取り戻した。以来、広島在住のギタリストらによって平和コンサートなどで演奏されてきた▲原爆投下から75年の夏が過ぎた。「芸術の秋」を迎えるが、コロナ禍で演奏会もままならない。「被爆ギターを多くの人に聞いてもらいたい」。ささぐちさんはインターネット上でお披露目する機会を模索している。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファクトチェック 菅首相発言「Go Toトラベルでの感染者7人」はミスリード

  2. 山口組分裂5年 特定抗争指定の効果じわり 一部で脱退の動きも

  3. 安倍政権が残したもの 私たちが大事「彼ら」は攻撃 オウム真理教報じた江川紹子さんが読む「カルト化社会」

  4. 「ヒステリックブルー」元ギタリスト、強制わいせつ致傷容疑で逮捕 埼玉県警

  5. オリックス・竹安が新型コロナ陽性 1軍の活動には影響なし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです