メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もとをたどれば

象印マホービン 力持ちで長生き

象印マホービンのロゴマーク=同社提供

 1918年、市川銀三郎氏と弟の金三郎氏が魔法瓶の製造に興味を持ち、「市川兄弟商会」として大阪市内で開業した。ガラス魔法瓶の中瓶づくりの下請けをしながら開発を続け、23年に初めて自社製の魔法瓶を発売。商標には現在の社名につながる「象」のマークを採用した。

 象には家族愛が強く、力持ちで長生きといったイメージがあり、魔法瓶にふさわしいと銀三郎氏が決めた。当時は東南アジアなどへの輸出が大半だったため、象が現地の人に親しまれ、神聖視されていることも考慮した。

 戦後は魔法瓶の修理屋から再出発し、48年に戦後第1号製品となる卓上用ポットを開発。53年に「協和魔法瓶工業」に社名を変更した。さらに、61年に現在の社名に。前年に始まった同社提供のテレビ番組「象印歌のタイトルマッチ」が高視聴率を獲得して全国に知られるようになり、社名とブランド名を一致させることが目的だった。「魔法瓶」は硬い印象があるとしてカタカナ表記にし、消費者に親しみをもってもらえるよう工夫し…

この記事は有料記事です。

残り229文字(全文656文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「第5のがん治療」光免疫療法 世界に先がけ承認 期待と課題は

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  3. 与党はまた“首相隠し”に走るのか くすぶる支持率低下の不安 臨時国会の行方

  4. 「財研」記者日記 (1)財務省の花形ポスト「主計官」 喜怒哀楽に富む意外な素顔

  5. 任命拒否、04年「想定外」 学術会議人事、政府文書に明記

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです