メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読みトク!経済

サラリーマン1年生・なるほドリーマン君 「中国版GPS」北斗って?=回答・赤間清広

開発25年「誤差2メートル」 宇宙でも米中対立過熱

 なるほドリーマン君 中国版GPSのネットワークが完成した、と聞いたけど、そもそも「中国版GPS」って何?

 記者 もともとGPS(全地球測位システム)は米国が運用しており、地球を周回する複数の人工衛星が発する電波を受信して計算することで、自分の位置を把握できる仕組みです。自動車のナビゲーションシステムやスマートフォンの地図アプリなど幅広く利用され、現代社会を支える重要なインフラとなっています。

 同様に衛星を使って位置を把握するシステムは、ロシアや欧州連合(EU)も整備を進め、日本も衛星4基体制で「みちびき」と呼ばれるシステムを保有しています。その中でも米GPSは30基以上の衛星を連動させて地球全体をカバーしており、用途の広さや精度の高さが他を圧倒しています。これに対抗するため中国政府が1994年から開発を進めてきたのが中国版のGPSであり、名称は「北斗」です。

この記事は有料記事です。

残り1283文字(全文1693文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナで変わる世界 <医療編 インタビュー②>大山加奈さん コロナ禍での不妊治療「不安だったが待っていられなかった」

  2. フォーカス 松下洸平 ドラマ「#リモラブ」青林風一役 恋がほぐす頑固な心

  3. ホンダvsセガサミー 第11日第1試合スタメン 決勝かけ14時から 都市対抗

  4. 特集ワイド 国民・山尾議員、一躍「党の顔」 「永田町の常識」と決別、新たな野党像模索

  5. 「山を一つ動かしたかな」桜を見る会問題追及、田村智子参院議員に聞く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです