メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

終活ナビ

自宅売却 資産整理したいが不安

 Q 自宅売却 資産整理したいが不安

 子が巣立ち、夫亡き今、1人暮らしをしております。自宅を売却して資産を整理し、余生を謳歌(おうか)したいのですが、住み慣れた家を離れる不安が大きくて実行できません。何か良い方法はありますか。(女性、80代)

 A 売却資金で余生を謳歌したいという前向きな気持ちと体力を持ち合わせている今こそ、あなたにとって資産整理をする絶好の機会といえます。80代という年齢を考えると、前向きな心構えに敬服します。ただ、認知機能の衰えとともに年々不動産売却の必要書類をそろえることが面倒になってきます。売却後の住み替え先を探すことや、長年慣れ親しんだ土地・家を離れることは、何より不安ですね。

 そこで不動産リースバックという方法があります。不動産会社などのリースバック事業者が自宅を買い取り、買い取り代金を一括または分割であなたに支払います。売買成立後、賃貸借契約を結んで、貸主となるリースバック事業者に家賃を支払うことで生活を自宅で続けることが可能になる方法です。

この記事は有料記事です。

残り593文字(全文1035文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「第5のがん治療」光免疫療法 世界に先がけ承認 期待と課題は

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  3. 与党はまた“首相隠し”に走るのか くすぶる支持率低下の不安 臨時国会の行方

  4. 「財研」記者日記 (1)財務省の花形ポスト「主計官」 喜怒哀楽に富む意外な素顔

  5. 任命拒否、04年「想定外」 学術会議人事、政府文書に明記

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです