中国のシャトル型宇宙船、飛行終え着陸 打ち上げに厳しい箝口令

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
=ゲッティ
=ゲッティ

 新華社通信によると、中国の再利用可能なシャトル型宇宙船が6日、2日間の軌道上の飛行を終えて着陸した。低コストで往来し宇宙の平和利用に役立てる狙いとしているが、宇宙船の詳細は不明。香港英字紙サウスチャイナ・モーニング・ポスト(SCMP)紙によると、打ち上げにあたっては関係者に厳しい箝口令(かんこうれい)がしかれた。

 宇宙船は4日に中国北西部の酒泉衛星発射センターから打ち上げられた。SCMP紙によると、「打ち上げ時に写真は撮ってはならず、その様子をインターネット上で議論してもいけない」とのメモが作成され、このメモがネット上に流出した。中国軍関係者はSCMP紙に対してメモの内容を確認したうえで、「今回の打ち上げには史上初となるものが多く、機密保護に気を使っている」と語ったという。

この記事は有料記事です。

残り130文字(全文472文字)

あわせて読みたい

注目の特集