メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

劇団四季のお宝並ぶ「聖地」の魅力 長野・大町「ベースキャンプ」、記念館改装

「キャッツ」初演時の劇場の模型=長野県大町市平の劇団四季浅利慶太記念館で2020年7月28日午後1時3分、坂根真理撮影

 北アルプスの絶景が広がる長野県大町市に、劇団四季の「ベースキャンプ」(拠点)がある。「キャッツ」「ライオンキング」など全演目の舞台衣装や道具が一堂に保管されている14棟の倉庫群は圧巻で、そのすぐ隣には、7月にリニューアルオープンしたばかりの「劇団四季浅利慶太記念館」がある。浅利慶太さん(2018年に85歳で死去)が創立し、たくさんの人に笑顔と感動を届けてきた劇団四季。その魅力が、拠点にたくさん詰まっていた。【坂根真理】

 出迎えてくれた浅野貢一館長(71)に、大町に拠点がある理由を尋ねると、「浅利さんが大町を愛していたからね」ときっぱり。

この記事は有料記事です。

残り605文字(全文877文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 無罪なのに「なぜ免許を返してもらえないの」 取り消し無効確認訴訟で女性が訴え

  2. 過失運転致傷の会社員に無罪判決 「衝突回避は非常に困難」 福岡地裁

  3. ひき逃げか 市道で自営業の男性死亡 福岡・宗像

  4. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

  5. 女子高生2人死傷事故「事故の可能性、予見不可能」 低血圧の被告に無罪判決 前橋地裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです