キャンセル続出が一転、避難者がホテルに殺到 台風接近の九州 背景にコロナ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
欧州連合(EU)の地球観測プログラム「コペルニクス」の衛星センチネル3が捉えた台風10号の目=コペルニクスのウェブサイトより
欧州連合(EU)の地球観測プログラム「コペルニクス」の衛星センチネル3が捉えた台風10号の目=コペルニクスのウェブサイトより

 台風が近づいた九州では各地のホテルに避難者が殺到している。頑丈なホテルの方が安心という人や、新型コロナウイルスの感染予防で避難所を回避する人が多いようだ。

 市内を流れる大淀川の氾濫の恐れがある宮崎市では、5日段階で市内のホテルがほぼ満室になった。妻文子さん(81)とともに近くのホテルに避難した三森猛さん(81)は「氾濫の可能性を聞いて命の危険を感じ、4日夜に予約した。生まれも育ちも宮崎市だが避難するのは初めて。避難所はコロナの危険もあるから、ホテルにした」と語った。

 同市の…

この記事は有料記事です。

残り502文字(全文742文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集