メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風10号接近、福岡市内も閑散 公共交通機関の運行見合わせ相次ぐ

台風10号の影響でがらんとする天神中心部の目抜き通り=福岡市中央区で2020年9月6日午後7時16分、猪飼健史撮影

 台風10号の接近に伴い、九州の公共交通機関は6日から相次ぎ運行を見合わせた。普段の日曜日は買い物客らでにぎわう福岡市の中心街でも夕方には商業施設が軒並みシャッターを下ろし、早々に人通りがまばらになった。

 6日午後、福岡市のJR博多駅では、新幹線や在来線が順次運休するのを前に、急いで帰宅したり避難したりする人たちの姿が見られた。福岡市内から新幹線で避難しようとしていた女性(64)は「台風9号でも自宅がかなり揺れて怖かったので、暴…

この記事は有料記事です。

残り324文字(全文540文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相の資産6277万円 内閣平均1億651万円 閣僚ら資産公開

  2. 下地幹郎衆院議員、自民沖縄県連に復党願 IR汚職巡り維新から除名処分

  3. 第70期王将戦リーグ特選譜 観戦棋士も「意味がわからない」細心の一手 藤井王位が佐藤天九段を破り、ようやく1勝

  4. 「嵐」「鬼滅」の年賀はがきに注文殺到 日本郵便の販売サイト、つながりにくく

  5. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです