メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ビックカメラ黒星発進 エース・上野が乱調6失点 日本リーグ女子

ソフトボール日本リーグ女子の今季開幕戦となるトヨタ自動車戦に先発したビックカメラ高崎の上野由岐子=神奈川県大和市の大和スタジアムで2020年9月6日午後1時23分、細谷拓海撮影

[PR]

 ソフトボールの日本リーグ女子は6日、神奈川県大和市の大和スタジアムでリーグ戦3試合を行った。連覇を狙うビックカメラ高崎はエースの上野由岐子が4回6失点と乱れ、トヨタ自動車に1―10で敗れて黒星発進となった。

上野「全体的にだめだった」

 ソフトボール日本リーグ女子が6日、神奈川県大和市の大和スタジアムで行われ、連覇を狙うビックカメラ高崎は今季初戦のトヨタ自動車戦で1―10で敗れた。

 圧倒的な力でねじ伏せる本来の姿からはほど遠かった。約5カ月遅れで迎えた今季初戦で、ビックカメラ高崎の上野は4回6失点。「全体的にだめだった。楽しみにしすぎて緊張感がなかったのか、気持ちが上がって力み過ぎたか」。悔しさをかみ殺すように淡々と振り返った。

 持ち前の制球力が影を潜めた。一回、先頭打者にいきなり死球を与えると、打ち取った当たりの不運な安打や二つの捕逸も絡み2失点。二回も死球の後に連続長短打を浴びるなど3点を失い、2季ぶりの頂点を狙う宿敵にのみ込まれた。

 新型コロナウイルスの影響による活動自粛期間中から磨いてきた新球も試したが、エースに満足感はない。「良い経験ができた。しっかり切り替えて、(残りは)全部勝つつもりでプレッシャーをかけながら試合をしたい」。約2カ月の短期決戦に悔しさをぶつける。【細谷拓海】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国初 レクサスパトカー GT-Rに続き会社役員が栃木県警に寄贈

  2. 五輪招致疑惑、IOC委員側に3700万円 コンサル口座から

  3. 現場を見ても想像できない廃炉終了 福島第1原発はいったいどうなっているのか

  4. 「欅坂46」から「櫻坂46」に 新グループ名発表

  5. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです