メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

美とあそぶ

川上麻衣子さん/4止 女優と通じる臨機応変さ

ピンクの作品=内藤絵美撮影

 この淡いピンクに仕上がる材料をようやく見つけ、5年ほど前からピンクと白を組み合わせた作品を作るようになりました。桜のイメージもある、上品な色でしょ。ピンクは材料によって割れやすいなど癖が多く、気に入ったものを探し出すまで悪戦苦闘でした。

 ガラスは材料を千数百度の窯で溶かし、さおの先につけて息を吐きながら作ります。作業はスタッフと呼吸を合わせながら行いますが、一度始まったら相談しているひまはありません。「あ、失敗した」と…

この記事は有料記事です。

残り319文字(全文531文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  2. 最速154キロでも公式戦出られず 異例の「準硬式」投手にスカウト注目

  3. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

  4. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  5. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです