メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

映画のミカタ

上映とは…問われる根幹=勝田友巳

 広辞苑第七版で「映画」を引くと「長いフィルム上に連続撮影した多数の静止画像を、映写機で急速に順次投影し、目の残像現象を利用して動きのある画像としてみせるもの」とある。時代を反映し「現在はデジタル撮影したものが主流」と続くものの、前提の一つは「映写機で急速に順次投影」、つまり上映だ。他人と時間と場所を共有して鑑賞する体験は、映画の一部なのだ。

 それがこのコロナ禍で揺らぎ始めた。ディズニーの新作「ムーラン」のドタバタが、混乱を象徴している。当初日本での公開予定は4月17日。それが5月22日に延期され、さらに9月4日に変更。この間映画館で大々的に予告編を流し続けた。ところが8月下旬、映画館での上映はせず、自社の配信チャンネルのみでの「公開」を発表する。映画館での観客動員が見込めないなら配信の方が確実との判断だろうが、世界的メジャーの決断の…

この記事は有料記事です。

残り464文字(全文836文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ドコモ新料金プラン、20ギガバイトで月2980円 5分以内の国内通話も無料

  2. 追い込まれたトランプ大統領 選挙不正訴え大演説 自身のFBに掲載

  3. よみがえった清水寺「寛永の姿」に 4年かけ本堂や舞台など大修理 京都

  4. 特集ワイド 菅首相の手法、強権的 有言実行、だから信じたが… 江田憲司・立憲民主代表代行

  5. 福岡市中心部の天神にサル出没 警察官や見物客らで一時騒然

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです