メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風10号 宮崎で土砂崩れ、4人不明 42人重軽傷

 大型で強い台風10号は九州全域を暴風域に巻き込みながら北上し、7日午前9時現在、長崎県対馬市の北約110キロを時速40キロで北に進んでいる。各地は6日から7日にかけて強い風雨になり、宮崎県椎葉村では土砂崩れで男女4人が行方不明になっている。その他、九州・山口や岡山の各県で計42人が骨折などの重軽傷を負った。九州、四国では最大時約50万戸が停電になり影響が続いている。

 宮崎県によると、同県椎葉村下福良で土砂崩れがあり建設会社や住宅が被災した。近隣住民らによると、巻き込まれたのは建設業の男性と妻、息子、ベトナムからの研修生2人。男性は自力で脱出したが他の4人が行方不明という。気象庁によると椎葉村では、7日未明までの48時間雨量が観測史上最大の476・5ミリに達する大雨が降っていた。

この記事は有料記事です。

残り1415文字(全文1759文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 四国銀行vs初陣ハナマウイ 第5日第2試合スタメン 午後2時から 都市対抗野球

  2. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  3. 注目の裁判・話題の会見 社会に出て半年、「これから」だった25歳女性 座間9人殺害 11月10、11日公判詳報

  4. 白石被告、自白の理由は「部屋に証拠が残り観念」 座間9人殺害公判 被告人質問

  5. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです