東日本大震災

原発事故の記憶、後世に 福島・双葉に伝承館 20日にオープン 資料160点など展示 /宮城

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「東日本大震災・原子力災害伝承館」に展示された、防護服や除染廃棄物を詰める袋=福島県双葉町で
「東日本大震災・原子力災害伝承館」に展示された、防護服や除染廃棄物を詰める袋=福島県双葉町で

 東京電力福島第1原発事故などの記憶や教訓を後世に継承する福島県のアーカイブ拠点施設「東日本大震災・原子力災害伝承館」が、第1原発が立地する双葉町に完成し5日、報道陣に公開された。20日にオープンし、約160点の展示資料や大型スクリーンを使った映像で、記憶の風化を防ぐ狙いだ。

 当初は今夏の開館を目指していたが、新型コロナウイル…

この記事は有料記事です。

残り247文字(全文411文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集