メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

風と緑の楽都、特別公演開幕 音楽の力・価値共有 4カ月間、金沢中心に北陸3県で /石川

「いしかわ・金沢風と緑の楽都音楽祭」のオープニングコンサートで演奏したオーケストラ・アンサンブル金沢のメンバーら=金沢市昭和町の県立音楽堂で、井手千夏撮影

 「いしかわ・金沢 風と緑の楽都音楽祭」の秋の特別公演が6日、県立音楽堂で開幕した。12月までの4カ月間、金沢市を中心に北陸3県で行われる。大型連休に開催予定だった春の公演が新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止になり、今回は特別公演という形で実施する。

 この日は午後2時から音楽堂でオープニングセレモニーがあり、実行委員会の池辺晋一郎会長が「音楽は力を持っている。音楽の価値を共有する幸せな日々を感じていきたい」と…

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文522文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  2. JR東海が初の赤字、1920億円予想 新幹線利用の激減響く

  3. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  4. ここが焦点 大阪市廃止で職員9割が特別区へ 人員配置計画に内部から懸念の声 都構想

  5. ボンベガス吸う遊び中に爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです