メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

芸術家ワーケーション募集 伊勢市が要項を発表 最長14日、宿泊費全額負担 11月から /三重

 文学や音楽、映像や演芸など、さまざまな表現の分野で活躍する国内のアーティストやクリエーター50人に対し、伊勢市が最長14日間の宿泊費を全額負担するなど同市内に創造活動の時間と場所を提供するプロジェクト「クリエーターズ・ワーケーション」の募集要項がまとまった。【尾崎稔裕】

 事前に提出された滞在計画などを基に参加者を決定、計画の内容次第でアトリエやスタジオなどの仕事場を市が用意する。参加資格は、文化・芸術分野で市外在住の個人またはグループ。

 滞在期間は11月2日から2021年3月15日の期間(12月26日~1月3日を除く)のうち、最短6泊7日、最長13泊14日。宿泊施設は原則、1室あたり料金が最高2万5000円(税・サービス料込み)で朝食付き。宿泊料金は市が全額負担。

この記事は有料記事です。

残り726文字(全文1063文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  2. 米総領事館、香港の活動家4人の政治亡命を拒絶 米中対立を避ける思惑か

  3. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  4. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  5. 持続化給付金詐取容疑、全国で55人逮捕 SNSで若者勧誘も 返還相談2000件超

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです